スラムダンク

神奈川県の湘北高校という場所のバスケ部が織り成すスポーツマンガの金字塔。

やっぱり子供の時に見たこのマンガが忘れられません。今でもファンが多いんではないでしょうか。

中学校時代はかなりの不良で地元では有名だった桜木花道。中学校時代に女性にフラれ続け、高校で見つけた好きな人赤木はるこ。

彼女のお兄さんは神奈川でも有名な湘北高校のバスケ部キャプテン赤木たけのり。

はるこに好かれるために始めたバスケットに段々のめり込んでいった花道は初心者ながらも、人間ばなれした身体能力で上達していき、全国でも通用する選手になっていきます。

このマンガが始まったときにはみんなバスケットやってたような気がします。

このマンガは絵が本当に素晴らしいです。

最後の山王工業対湘北高校なんて涙が出るくらいです。

後半は会話はほとんどなく選手の描写だけなんですが臨場感がすごく伝わってきて、汗だったりバッシュの音なんかも聞こえてきそうなくらいでした。

桜木のライバルでありチームメイトの流川、三井、宮城、赤木と一緒に全国制覇もしている山王を見事に倒しました。

次の試合は疲れからかぼろ負けだったんですけどね。

それでも山王工業を倒すってことは優勝ぐらいの価値があったんではないですかね。

その後は全日本でバスケを続けたり、アメリカに行くとかみんなバスケットに関わるような進路をとってました。

このマンガで欠かせないと思ってるのが桜木軍団と言われる四人の仲間ではないでしょうか!

花道の試合になると必ず応援に行ったり、不良達に絡まれたとかは助けたりと本当にいい友達です。

原付で四人乗りで試合会場に向かってるときは爆笑でしたね!

個性的なキャラクターが多く登場するのでみんな本当に好きです。

バスケット選手の中では海南高校というとこの牧という選手が好きです。かなりの色黒で老けてるんですがすごい格好いいんですよね!バスケも上手いし最高です!

スラムダンクが終わってからの話で、牧の色の黒さの秘密がわかりました!彼はサーフィン好きだったみたいで納得ですね。

このマンガはスポーツ好きではなくても本当にオススメ出来るマンガです。バスケを始めるきっかけにもいいんではないでしょうか!