ファイアーエムブレム 紋章の謎

ファイアーエムブレム紋章の謎は、1994年にスーパーファミコンから発売されたゲームソフトです。
自分が実際にプレイをしたのは、発売されてからしばらくしてからだったのですがその時はクリアをすることができずに、更に時間が経過してからクリアをしました。

ファミコン時代のファイアーエムブレムはプレイをしていたのでそのリメイクにあたる紋章の謎は問題なく進めると思っていたのですが紋章の謎は、ファミコンの暗黒戦争編だけではなく、その後のストーリーにあたる英雄戦争編の2部構成になっていたため、その2部がなかなかクリアをすることができませんでした。

英雄戦争編である2部は、序盤からクラスチェンジをした敵ユニットが登場をしたり難易度が1部よりも高く、上手くゲームのシステムを利用していかないと進む事ができない事や途中から出てくる、アストリア軍やジョルジュ軍がかなり強力なうえ数が多く後ろから追いかけてくるというマップが続くため、難易度がかなり高い設定になっていました。

また、オーブのかけらというアイテムをすべて集めないと、スターライトと呼ばれる魔法が入手できず、スターライトが無いと新のエンディングを迎えることができないという大事なアイテムでした。

オーブは、宝箱に入っているほか、敵が持っているものもあり、取り逃したり敵が持ち去ってしまったり、持ったままユニットが死んでしまうとオーブが消失してしまうのでそのたびにリセットを行うなど、難易度の高いステージではなかなか進むことができませんでした。
難易度が高く、かなり難しいゲームだけになんどもプレイを繰り返したので人生においてもかなり印象に残っているゲームです。

他のシリーズもプレイをしていますが、一番好きなのはファイアーエムブレム 紋章の謎です。